失敗を恐れずに料理を作ります

料理って失敗しながらだんだんうまくなっていくものです。

初めて作る料理は大抵うまくいきませんが、それでも失敗することを覚悟して練習のつもりで作ってみると失敗が失敗でなくなります。

失敗は成功の元です。もしその時に初めて作った料理の味付けとかでき具合に満足できなくても、次に同じ料理を作るときに美味しく作れたらそれでいいのです。

何でも初めての時にうまくいくわけがありません。運動だって勉強だって掃除だって、なんだって初めての時から順調に進むことは稀です。

だいたいはじめてというのは様子を見ながら人の真似をしてみたり、静かに手順を覚えたりするものです。

はじめからテキパキこなしてしまえるわけではないのです。

だからはじめて作る料理は失敗しても良いんだという気持ちになって練習してみると良いのです。

味付けの具合など何度か同じ料理を作っているうちに自然といい塩梅になってきます。そしてその味が自分の味家庭の味になっていくのです。

だから私は料理を何でも作ってみます。

よくわからない料理はインターネットで調べれば材料も手順も分かります。