月が見える土曜の晩に微笑んで

「カレー」のことの本や論文を書く事になったら、どんなことを調べる?「春巻き」の由来や歴史とかかな。もしくは、自分独自の観点からくる見解だろうか。

無知はすぐそばにある

HOME

気持ち良さそうに歌う友達と履きつぶした靴

家の前の庭でハンモックに寝そべり、心地よい風に身を浸していた、休日の午後の事。
頭上には美しい夕焼けが広がっていた。少年は、うちのネコが「シャギャァッ!」という大きな声にビックリして、ハンモックからドテッと落下してしまった。
よく観察するとネコは蛇と睨み合い、尻尾まで立てて興奮しながらも牽制していた。
ヘビはあまり大きいものではなく、毒も持っていないっぽかったので、少年は小枝で追い払い、猫を抱いて再度ハンモックに寝転がった。
少年は、猫の背中を撫ぜてやりつつ胸の上で寝かしつけ、空を見上げてからまぶたを閉じた。

息絶え絶えで吠えるあなたと穴のあいた靴下
友人のチカコは賢いやつ。
頭が良いんだなーと感じる。
何があっても他者を否定したりはしない。
ん?と思っても、まずは相手の気持ちも尊重する。
なので、視野が膨らむし、我慢強くなれるのだ。
考えを主張し通す事より、こうしている方がちかこにとって楽なのかもしれない。
自分が傷つかなくてすむ方法、悪いことが起きても次回の糧にするやり方をとても分かっている。

蒸し暑い大安の明け方は立ちっぱなしで

挨拶用で何枚かスーツに似合うシャツを所持しているけれど、大体決める時にかなり試しに着てみる。
これくらい、かたちに執着するのもレアかと思うようになっていた。
しかしながら、前回の仕事で、ワイシャツはオーダーでと、こだわっていた方がいらっしゃったので、非常にびっくりした。
もちろん、シャツだけでかっこよく見えるのはいいな、と感じた。

陽の見えない日曜の日没に立ちっぱなしで
いつもそんなことないのに、不安な感じになり、何をしていても集中できなかった。
大きな理由はなく、いきなり悲しくなったり、現在までの出来事が意味のない事に思えたりした。
そんな中、外での仕事ができた。
その上結構大きな外での催しで大手案件だった。
このままでは良いとは言えないので自分を忘れて夢中でこなしているうちに普段のポジティブな気持ちに戻ってきた。
後で思うとあの時は昼間に陽の光を浴びたりしなかったんじゃないか。
夜型にならないで外に出ることも良い事だと感じた。

一生懸命ダンスする家族と気の抜けたコーラ

見とれるくらい美人さんに出会ったことがありますか?
私は一度だけあります。
電車の中で20代後半くらいの女性。
同性の私ですが、ときめいてしまいました。
どれだけスキンケアをしているか、という自分の努力もあると思います。
だけど、本人からにじみ出るオーラはたぶん存在しますよね。
日本には素敵な人が多くいるんだなーと思いました。

余裕でお喋りする友人とよく冷えたビール
検診は、例年なにかしら引っかかる。
心音だったり、数値だったり、尿だったり。
胃の検査を発泡剤とバリウムを飲み干して受けてみて、健診結果がくると、胃がんの疑わしさがあるので、急いで、再検査を下記の病院にて受けてください。
と書いてあったのには、あせった。
あせったというより、むしろおそろしかった。
即刻胃腸科の病院に胃の再検査に車で行ったら、結局のところ、胃炎だった。
胃はかねてより痛くつらかったので、身体検査に引っ掛かったのはわかるが、言葉で自分の名前とがんの疑惑があると書きつけてあったら怖かった。

息もつかさず踊る友人と壊れた自動販売機

店の中の客は、ほぼ日本人だという様子だったのでその不思議な光景にも驚いた。
しかも列は、だいたい日本人という様子だったのでその雰囲気にも驚いた。
日本人に人気なのは韓国のコスメは肌の栄養になる成分が多く使用されているとか。
もちろん、スキンケアにも感動はあったけれど店員さんの日本語にも凄いと思った。
少しだけなのかもしれないが、日本語が堪能。
私は、旅行のために勉強した英語を使おうと行った韓国だけど、出る幕がないようだった。
ネイティブと話すことによって、努力あれば外国語をマスターできるということを証明してくれたような旅行だった。

陽気にダンスする彼女とアスファルトの匂い
蝉もおとなしくなった夏の日の夜。
少年は縁側に座り、スイカを食べていた。
西瓜をかじってはタネを外に向けて吐き出していると、ときどき種が飛ばずに、自分のお腹や胸に落ちたりしていた。
横に置いたかとり線香の匂いと、扇風機を浴びる暑い夜、そしてスイカの味。
少年はそれぞれを堪能しつつ、残りの夏休みはどんなことして遊ぼうかな、と夜空を見上げた。

目を閉じて熱弁する兄さんと失くしたストラップ

友人の家のベランダにて育っているトマトは、気の毒なミニトマトかもしれない。
枯れる直前まで水をあげなかったり、好奇心でアイスティーを与えてみたり、だし汁をあげたり。
酔った私たちに、ほろよいシリーズの酎ハイを飲まされた時もあり。
育ての親である友達は、こんど興味でトマトジュースを与えてみたいという。
私たちの中でミニトマトの心は完全に無視。

陽気に泳ぐ兄さんと月夜
最近、麻衣子と明日香と海外旅行に行ってきました。
麻衣子と明日香は、私が通っていた短大の同級生で、一緒に学んだ仲です。
しかも、学んだのは旅行関係と英検だったので、旅が趣味だという学生たちであふれていました。
なかでも、明日香と麻衣子を含む仲良し6人で色んな県へ宿泊した思い出は忘れられません。
私は元々そんなに仲のいい友達が多い方でもないし、しかも十分だと思っています。
という事で、素直にうれしかったけれど、横で麻衣子が満足しているような顔をしてくれたのも私のツボでした。

サイトカテゴリ

クマ

サイトカテゴリ


Copyright (c) 2015 無知はすぐそばにある All rights reserved.